らいむのブログ

長崎の情報や、来夢のひとりごとを載せています。

医療機関での自己負担分の医療費。

高額であれば、一旦、医療機関の窓口で払って、後日、保険者に請求すると、還付があります。

しかし・・・・

建て替えが厳しい場合・・・・

医療機関での支払いを、限度額までしておけば、それ以上の医療費は、保険者が行ってくれるといシステムがあります。

で、もしかしたら、手術が・・・・ってことを先日、書きました。

その時・・・

この手続きをしていたんです。

保険者は、協会けんぽです。
150311-1.jpg

ホームページから、申請書をダウンロードして、必要事項を書き込み、保険証のコピーとともに、申請しました。

10日くらい余裕をみて、申請を・・・

ってことでしたが、3日ほどで、送られてきました。
150311-2.jpg

支払金額やその他、条件がありますが、これを持っていると、医療費の自己負担限度額と食事代の負担額ですみますし、あとでの請求手続きも不要となります。


参考までに・・・・
コメント

これは、国保も社保も、あるはずです。

もし、手術で10日間ほど入院として計算し、医療費は100万ほど。

このうちの3割負担ですので、窓口で払うのは、30万ということになります。

しかし・・・

この証を提示すると、限度額区分にもよりますが、9万ほどです。

あとの91万は、保険から支払われることになります。

で、食事代の1食260円の1日だと、780円。

あと、病衣を借りた場合の、リース代。

このへんを含めると、10万程度、準備すればいいことになります。

この制度を知らないと、とりあえず30数万準備して、数か月後に21万の払い戻しということになります。

貧乏人の我が家にとっては、かなりつらいということになります。
2015/03/11(水) 21:19:42 | URL | 来夢 #-[ 編集]

おはようございます。
こんな制度があるんですね。
全く知らなかった。
他にも知らない事っていっぱいあるんだろうなぁ~
勉強になりました(^O^)/。
2015/03/11(水) 09:48:01 | URL | 龍 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する